健康に役立つはずのサプリメントを使うことによる弊害

体にいい効果があるとしてビタミンのサプリメントを使っている人は大勢いますが、ビタミンも度を超すと身体に弊害をもたらす可能性があります。

サプリメントで、ビタミンや、ミネラルなどの食事だけでは不足しがちな栄養素を摂取したところ、弊害が出てしまい体調を崩してしまうことがあります。

水溶性のビタミンは必要以上の量が体内に入ってくると、自然に体外に排出される性質があります。

ビタミンCは水溶性ビタミンとして知られており、ビタミンCサプリメントを摂りすぎても、過剰分は排出されるだけで弊害にはなりません。

とはいえ、ビタミンCを過剰に摂取したために尿路結石になってしまったという人もいますので、油断は禁物です。

脂溶性ビタミンは体外に排出されず、そのまま蓄積されます。

健康増進のためや、お肌をきれいにするためには、脂溶性ビタミンはとても役立つ存在ですが、摂りすぎは内臓に負担をかけることがあります。

数種類のサプリメントを併用していたところ、成分が重複していて過剰摂取になることがあります。

サプリメントによく使われているビタミンAやEの摂取量に注意しましょう。

妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると、胎児の発育によくありません。

ビタミンEは疲労感やむくみ、骨粗しょう症の原因になるという報告があります。

飲み過ぎによるトラブルを防止するためには、まずは適量を把握することです。

1日に使うサプリメントの量を把握して、適切な飲み方をすることで、サプリメントの安全性は高まります。

まとまった量のサプリメントを摂取しても、急に体調か上向くことはありませんので、じっくりと少量ずつを飲むようにしましょう。